スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<菅首相>財政再建へ超党派機関 信頼回復へ努力…所信表明(毎日新聞)

 菅直人首相は11日午後、衆参両院本会議で、就任後初の所信表明演説を行った。首相は政治主導により「国民の統治による国政を実現する」と表明。緊急の課題とする財政健全化について「税制の抜本改革に着手することが不可避」とし、超党派で議論する「財政健全化検討会議」を設置する方針を示す。また、「現実主義」を基調とした外交推進を掲げ、その基軸に「日米同盟」を位置付けた。懸案の米軍普天間飛行場移設問題を巡り、23日に沖縄県を訪問して「沖縄全戦没者追悼式」に出席する意向を表明、「沖縄への配慮」を印象付けたい考えだ。

 ◇23日の沖縄全戦没者追悼式に出席

 所信表明演説に対する各党の代表質問は、14日に衆院、15日に参院の各本会議で行われる。

 菅首相は「私の最大の責務は歴史的な政権交代の原点に立ち返って、国民の信頼を回復することだ」とし、鳩山前政権で傷ついた政府・民主党への信頼回復に努めると表明。新内閣の政策課題として(1)戦後行政の大掃除の本格実施(2)経済・財政・社会保障の一体的立て直し(3)責任感に立脚した外交・安全保障政策の3点を挙げる。

 具体的には、事業仕分けによる無駄遣いの根絶や行政の透明化に取り組み、地域主権改革について「総論から各論の段階に進む時だ」と具体化に意欲を示す。郵政改革法案については「速やかな成立を期す」と表明する。

 経済の立て直しでは、「新成長戦略」を6月中に公表し、20年度まで年平均で名目3%、実質2%を上回る経済成長を目指す。一方、首相は「もはや国債発行に過度に依存する財政は持続困難だ」と財政健全化の必要性を強調。消費税については直接言及しないものの、「税制の抜本改革に着手することが不可避だ」と論議の必要性を示す。

 外交では、日米同盟を「アジア・太平洋の安定と繁栄を支える国際的な共有財産」と位置付け、「同盟の着実な深化」を訴える。一方、鳩山前政権を引き継ぎ、将来的に東アジア共同体構想を進める方針にも言及。北朝鮮問題では「拉致、核、ミサイルの包括的解決」を目指し、拉致被害者の帰国に「全力を尽くす」と強調する。【西田進一郎】

【関連ニュース】
口蹄疫:菅首相、12日に宮崎を訪問
菅首相:13日にも出身地山口へ
菅首相:地域主権改革3法案の成立微妙
菅首相:韓国大統領と日韓米連携を確認 哨戒艦沈没事件で
参院選:菅首相、勝敗ライン50議席見直さず

改正法施行控え、厚労省に要望―臓器移植関連学会協議会(医療介護CBニュース)
歌丸さん、肺疾患の予防会合で「意見」(読売新聞)
9%→52%、無党派層の内閣支持率が急上昇(読売新聞)
殺人未遂 男に突然切られ店長重傷 東大阪の中古車販売店(毎日新聞)
軽自動車衝突され4人負傷=対向車の男逃走、仙台で確保―宮城県警(時事通信)
スポンサーサイト

亀井氏は首相の続投を支持 長妻氏も「職務貫徹を」(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は1日午前の記者会見で「この前の衆院選で大変な国民の支持を得た民主党なので、自信を持って鳩山首相を支えてもらいたい。国民新党も連立の一員として頑張る」と強く首相続投を支持した。

 長妻昭厚生労働相も「首相には職務を貫徹してもらいたい」と強調した。

【関連記事】
首相「小沢幹事長と協力して国難に立ち向かう」 続投意欲を強調
ポスト鳩山、トップは前原国交相も「本命不在」
突き放す小沢氏 公然化した「鳩山降ろし」
「独り勝ち」のみんなの党、無党派層吸引
「首相は辞任を」53%、内閣支持率続落19%

覚醒剤所持容疑、済生会福岡病院の医師逮捕 「使うため持っていた」(産経新聞)
山田宏党首に不倫疑惑報道 日本創新党は「事実無根だ」(J-CASTニュース)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
民主党 政調会長に玄葉氏、入閣も内定(毎日新聞)
ホームに入りきらずドア開く…札幌駅着「北斗星」(読売新聞)

沖縄・大東島で震度4(時事通信)

 26日午後5時55分ごろ、沖縄県で地震があり、同県北大東村で震度4の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は南大東島近海で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.1と推定される。 

東北・GW旅客 三セク鉄道増加 高速バスは減少(河北新報)
小沢幹事長 「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
大卒就職率悪化、過去2番目=下げ幅最大、91.8%に―文科省(時事通信)
CO中毒、カツオは無関係(産経新聞)
「多摩川の母」逝く…王、長島の成長見守った名物女将(スポーツ報知)

たちあがれ日本、片山元総務相擁立へ(読売新聞)

 たちあがれ日本が、夏の参院比例選に、自民党参院幹事長を務めた片山虎之助・元総務相(74)の擁立で最終調整していることが分かった。

 片山氏は次期参院選での比例選での公認を自民党に求めたが、党の70歳定年制の内規により公認されなかった。

男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取―大阪府警(時事通信)
14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ-交渉は難航も・B型肝炎訴訟(時事通信)
<日中韓外相会談>軍艦沈没「調査見守り」(毎日新聞)
ドーベルマン、散歩中の男性とトイプードル襲う(読売新聞)
<菅財務相>雌伏の日々「5月政変」に備え?(毎日新聞)

鳩山首相 日米のさくらの女王が訪問 オバマ氏親書を持参(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日、首相官邸で、全米さくらの女王のマーゴ・フェフェリーさん(24)と日本さくらの女王の大野可那子さん(24)の表敬訪問を受けた。フェフェリーさんはオバマ米大統領からの親書を持参。「日本からワシントンに寄贈された桜が日米友好を取り結んでいる」との趣旨で、首相は笑顔で目を通した。大統領からの親書は毎年の「さくらの女王」表敬では恒例だが、4月の核安全保障サミットで訪米した際、わずか10分間の非公式会談しかできなかったオバマ氏からの親書だっただけに、首相もうれしかったようだ。

【関連ニュース】
普天間移設:首相、地元説得の継続確認
普天間移設:首相「県外」断念表明、市長、住民らは反発
普天間移設:首相、沖縄・徳之島案を表明
普天間移設:首相、県内案を表明 沖縄知事に「負担願う」
鳩山首相:4日、沖縄訪問 住民と対話も

横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)
女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
辺野古修正案、自民も検討を=石破氏(時事通信)
<エビスザメ>気性は荒いがユーモラスな顔 大阪で展示(毎日新聞)
<不明>奈良・大峰山系で63歳男性 ヘリでも発見できず(毎日新聞)
プロフィール

ミスターひでおむらかみ

Author:ミスターひでおむらかみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。